« 2009年11月 | トップページ | 2010年1月 »

2009年12月

シアターノーチラス♯5 『ケプラーの憂鬱』

舞台の告知です。

今年4月に続き、二回目の出演です。フライヤーもまたまた作らせていただきました。

今回は裏面に力をいれたつもりです(自分なりに)。そして初めて特色を使いました。古めかしさすら感じさせる仕上がり。あっ、でもこれは白黒ですね。えーと、そのうち特色使いのものをアップしますのでお待ちを。

【表】

Omotemihon

【裏】

Uramihon

公演についての詳細はこちら!!↓↓特設ページ、かっこいいですshine

http://theatrenautilus.web.fc2.com/kepler/index.html

劇場にてお待ちしておりますwink

| | コメント (0) | トラックバック (0)

褒められると伸びる

「えらいね」「がんばったね」「よくやったね」

やったことをちゃんと認めて、こんな言葉をかければあら不思議。ぐんと伸びるんですなぁ、子どもって。うれしい、だからやる気になる。これって教育の原点のような気がします。

いやいや、子どもだけじゃありません。大人だってそう。私のチラシなんてプロから見たらとてもデザインしたなんて言えるシロモノじゃないのですが、こうして褒めて(?)くれる人がいる。うれしいなぁhappy01

http://blog.livedoor.jp/theater_nautilus-5th/archives/51464297.html

チラシ画像なんかはまた後日。

なんか怒ったり、けなしたりして「どん底から這い上がってこい!」的なことをする人がいますが…。もちろんそれで這い上がれる人はいるし、方法としては間違ってないのかもしれませんが。

かつての客演先に、そういう演出がいまして。私、稽古場でマジ泣きしたことがあります。もうね、演技がどうとかじゃなくて、人格を否定。私に何をさせたいのか、その人の意図が全然見えなかった。本番終わって後日みんなで集まって公演のDVD見た時までダメ出しされるし。

今まで10も20も公演やってきて、どれも大変でいやなことがあっても、最後は「楽しかった!」って思えたのに。初めて楽しくなかった。その時のDVD見ると、私が違う人間に見えます。私、どこ行った?

だからもっと褒めてください!!(なんだ?このお願い)

| | コメント (4) | トラックバック (0)

« 2009年11月 | トップページ | 2010年1月 »